【後悔しない】現職に残るべき5つのパターン【実は転職してもつらい】

転職活動の進め方
転次郎
転次郎

転職活動を始めたけど、モチベーションが低下してる。もしかしたら現職に残ったほうがいいのかな?

正直なところ、現職がブラック企業でない限り、現職に残ったほうが楽です。

転職するとたしかに年収が上がったり、仕事の幅が広がります。

でも、転職したての頃は想像以上のストレスと向き合うことになります。

この記事を書いている私はこれまで転職経験3回、今は会員数500万人以上の転職メディアで事業企画を3年ほどやっています。

リクオ
リクオ

この記事では現職に残ったほうが良い5つのパターンを紹介するよ。

転職活動のモチベーションが低下しているなら、ちょっと立ち止まって現職について一緒に振り返ってみましょう!

もしかしたら、現職に残ったほうが良い可能性もあります。

焦って変な会社に転職するのが一番の失敗パターンです。焦るよりは立ち止まって考えるほうが、賢いやり方ですよ!

転職せずに現職に残るべき5つのパターン

今の仕事は全然おもしろくない、でも絶対に辞めたいってほど嫌なわけでもないんだよなぁ

こんな状態で転職活動を始めると、上手くいかないですよね。

こういう場合は、もしかしたら現職に残ったままのほうが良いかもしれません。

転職するなと言うわけではないですが、まだタイミングじゃないのかも。

そこで、具体的な現職に残るべきパターンを5つ解説していきます。

(当てはまったら、現職に残るのを検討してもよいかもです)

最後には、あらかじめ知っておくべき転職後に待ち受けているハードルを5つ紹介します。

現職に残るべきパターン
  • 仕事がラク
  • 人間関係が良好
  • 給料が悪くない
  • 成果を出している
  • やりたいことが不明確

仕事がラク

次のような場合は、現職に残るのはアリです。

  • 仕事は全然おもしろくないし
  • 事業としての将来性も感じない
  • でも、仕事自体はラク!

仕事に面白みを求めるのは素晴らしいこと!

人生の大事な時間を使うわけだし、仕事が充実してるのは大切なことです。

でも、仕事がラクってのは思っている以上に、恵まれてることです。

仕事が辛くて転職を考える人の多いこと…。

仕事が楽すぎて物足りないのであれば、例えば副業を始めるのも手です。

むしろ収入源が2つになる方が大事。

この機会に雇われの身から解放される準備を始めるのも良いと思います。

人間関係が良好

あとでもお伝えしますが、転職後に困るのは人間関係です。

新しく名前を覚えたり、自己紹介を何回もしたりと、人間関係を作り直すのは相当な労力です。

もし、いま良好な人間関係を構築できているなら、それを失うのはもったいないかもです。

他人から信頼を得るのは本当に大変ですから。

給料が悪くない

サービス残業が横行してるとか、明らかに薄給でなければ、残るのも悪くありません。

たしかに、転職は給料を大きくアップさせる可能性があります。現職のままだと、少しずつしか上昇しませんから。

でも、会社員の場合、年収と忙しさはほぼ比例します。

さらに転職直後は覚えることも多く、大きなストレスが掛かります。

そのストレスや業務量と得られる年収のバランスが取れていればいいですが、微々たる年収アップのためにそのリスクを取るのは懸命ではありません。

さらに、年収がそのまま、もしくはダウンであれば、現職のほうが楽して給料が得られますよ。

次の記事で業界・職種別の年収や、時給など30種類のランキングをまとめているので、年収が気になる人は参考に!

成果を出している

現職で成果を出せているのであれば、引き続き現職に残るのは大いにアリです。

現職に慣れてしまってると見失いがちですが、きちんと成果を出せているのは素晴らしいことです。

(成果も出さずに居座っている社員も周りに多いはず…)

仮に転職した場合、同じような成果を出せるようになるには相当な時間がかかります

たしかに、これまでの経験・スキルは活かせます。でも、経験やスキルだけで成果は出るものではありません。

その会社での人間関係やお作法など、いろんな要素が絡み合っています。

仕事で成果が出ないとモチベーションが下がります。

現職で成果を出せるのが当たり前になってる場合、転職後のストレスはかなり大きくなる可能性があります。

やりたいことが不明確

現状に不満はあるけど、別にやりたいことはない。でも、現状維持は嫌!

という場合は、まだ現職に残ったほうがいいです。

一度転職しちゃうと、そこからの方向転換は難しいです。再び転職活動をするとなると、労力もかかります。

やりたいこと・方向性が見えてないのなら、まだ転職のタイミングではないと捉えてみてはどうでしょう?

焦って無難な転職先に行っても、後悔するだけです

「コレやりたい!」という強いモチベーションが湧いてからでも遅くはありません。

少しタイミングを遅らせるほうが、焦って失敗するより断然マシです。

転職後に待ち受けてる5つのハードル

現職に残ったほうがいいような気はしつつも、やっぱり現状に不満はある。

そういうときは、もし転職したらどんな未来が待っているか?を考えてみるのがオススメです。

転職後のハードル
  • 人間関係の構築
  • 業務を覚える
  • システムを覚える
  • お作法を覚える
  • 成果を出す

人間関係の構築

転職したあとの最初のハードルは人間関係の構築です。

会社に入る以上、一人では仕事はできません。

周りの人と関係を作って協力する必要があります

でも、転職活動で会える人は面接官くらい。それ以外のチームメンバーがどんな人なのかはわかりません。

自分との相性が悪い人も中にはいるでしょう。

最初の自己紹介もめんどくさいですし、相手のプロフィールを覚えるのも大変です。

コロナ禍だと出社頻度も少ないと思うので、なおさら人間関係の構築は大変です。

業務を覚える

仮に同業に転職したとしても、業務フローは異なります。

ましてや異業種に転職したら、もっと覚えることがたくさん。

業務フローだけでなく、ビジネスの商流、競合、専門用語など覚えることはたくさんです。

覚えるまでは、チームメンバーともコミュニケーションは取りにくいです。相手が何を言ってるのか、わかりませんから。

いちいち説明を求めるのもストレスですよね。

業務を覚えきるまでは、かなりの労力がかかってきます。

システムを覚える

地味にめんどくさいのがシステムの使い方ですね。

会社独自のシステムが必ずあります。

勤怠入力から業務システムまで、あらゆるシステムの使い方を覚える必要があります。

もし、それらのシステムが使いにくかったときは悲惨ですね。

こんなクソシステムで仕事するのか…となった日には絶望でしかないですね。

お作法を覚える

業務でもシステムでもない、明文化されてないお作法がどの会社にもあります。

  • メールの書き方
  • ドキュメントの作り方
  • 言葉の使い方
  • 調整のやり方
  • 根回しの方法などなど、

こういったお作法をどれだけ抑えられるかで、生産性が変わってきますよね。

ここまで覚えてはじめて業務が上手くできるようになるってものです。

今の会社にもこういったお作法はたくさんあるはずです。

そして、その重要性にもピンとくるはずです。

成果を出す

仕事をするわけですから、成果を求められます。

転職したばかりだからという言い訳は、半年くらいしか通じません。年次が高く、役職がついてたりしたら言い訳なんかしてられません。

成果が出せないままだと、当たり前ですがプレッシャーがのしかかってきます。

人間関係を構築して、業務・システム・お作法を覚えて、その上で自分なりの成果をあげないといけません。

転職した序盤でしくじると、もう使えない人扱いです。

みなさんが転職者を受け入れるときもそういった判断をしてますよね?

最初は大目に見るけど、ずっとじゃないはず。

転職先にすぐに順応できればいいですが、正直入社してみないとわかりません。

けっこうなリスクです。

とはいえ、働く以上は成果を出すというハードルは変わらずあります。

科学的に適職を考えてみよう

やっぱり転職活動を続けたい!というなら、視点を変えて仕事を探してみるのがおすすめです。

転職サイトをぼんやり眺めたり、年収や条件でばっかり探してませんか?

ここでは科学的な適職という、ベストセラー本から仕事探しの7つの法則7つの大罪を引用します。

仕事を探すときはこの7つの法則を参考にすると、自分にあった仕事にめぐりあいやすいです。

7つの法則
  1. 辛い仕事を我慢して続けても幸せにはなれない
  2. 「好き」を仕事にしてはいけない
  3. 性格診断テスト、適性テストを信じてはいけない
  4. 自分は「攻撃型」か「防御型」を把握して事に当たるべし
  5. 嫌いなこと、苦手なことを排除せよ
  6. 自分を客観視してバイアスを取り除け
  7. 「良いキャリア」に偶然は欠かせない

一方、次の7つの大罪には要注意です!特に好きを仕事にとか、性格テストにはハマりやすいので気をつけましょう。

7つの大罪
  1. 好きを仕事にする
  2. 給料の多さで選ぶ
  3. 業界や職種で選ぶ
  4. 仕事の楽さで選ぶ
  5. 性格テストで選ぶ
  6. 直感で選ぶ
  7. 適性に合った仕事を求める

実際に本を読んでみたいという方はこちらからどうぞ!


ということで、転職活動を辞めて現職に残るべきパターンについて解説してきました。

仕事に慣れてきたり、成果を出せるようになったりすると、たしかに現状には不満が出ます。

それはそれで、自分が成長した証でもあるので前向きに捉えましょう!

もし、余裕があるなら転職するよりも、副業で稼ぐとか、自分で稼ぐ方向にシフトするほうが、時代にはあってると思います。例えば、ブログを始めるとか。

どうしても転職にチャレンジしたい場合は、自分にあったホワイト企業を探して受けるのがおすすめです。

探す方法はこちらで紹介しているので、この通りにやれば失敗せずに転職活動を進められますよ!

タイトルとURLをコピーしました