【ニューノーマルな働き方】会社に縛られず自由に働く、超在宅サボリーマンになる方法

超在宅サボリーマン
  • 満員電車で会社に行くのがつらすぎる
  • 仕事が嫌で、定年まで続ける自信がない
  • 本当はもっと自由に人生を楽しみたい!!

この記事では、こんな悩みに答えます。

かくいう私もサラリーマンとして同じ悩みを抱えていました。

毎日のようにギュウギュウの山手線に乗り、ホームにあふれるサラリーマンたちと一緒に、死んだ魚の眼をして仕事に向かっていたのを思い出します。

リクオ
リクオ

あの日々は、苦行そのものでした。

もちろん、このサラリーマンとしての生活は何か行動を起こさない限りずっと続きます。

「どうせ、起業しろ」とか言うんでしょ?と思ったあなた。残念、違います!

この記事では「安定収入があるサラリーマンのままで、会社に縛られずに自由に生きる方法」を紹介します。

私は2020年4月から「この方法」を実践していて、満員電車に乗らず、時間にも縛られず、仕事をサボりながら副業や投資をして毎日を過ごしています。もちろん、サラリーマンのままで。

サラリーマンのままでこの働き方、最高じゃないですか??

ちなみに、この働き方を「超在宅サボリーマン」と呼んでいるのですが、これになる方法をこれから解説していきます。

もちろん、お金もかからず、サラリーマンなら誰でもできる方法です。

超在宅サボリーマン:3つの特徴

「超在宅サボリーマン」とは、在宅で仕事をサボりながら、自由に働くサラリーマンのことです。

「超在宅サボリーマン」になるには、原則として以下の条件を満たす必要があります。

  • 在宅勤務の仕事
  • フレックスタイム制の仕事

この2つを満たすことで、サラリーマンのままでも自由な生活を手に入れることができます。

そして、「超在宅サボリーマン」には、以下の特徴があります。

  • 満員電車に乗らない
  • 生産性がめちゃくちゃ高い
  • 仕事中に副業や投資、家事をやっている(重要)

ポイントは「仕事中に副業や投資、家事などをやっている」という点です。

要は「仕事をサボっている」ということ。

超在宅サボリーマンは、短時間で成果を出し空いた時間を自分の人生のために使います。ほとんどの時間を会社のために使う社畜とは違います。

こんな感じに、超在宅サボリーマンは時間と場所に縛られない自由な働き方をする人です。

もちろん、サラリーマンとして安定収入を得ながら。

では次に、この「超在宅サボリーマン」になる手順を解説していきます。

超在宅サボリーマンになる方法

「超在宅サボリーマン」になる手順は、次のとおりです。

  • マインドセットを身につける
  • (転職して)環境を作る
  • スキルを身につける

順番に解説していきます。

① マインドセットを身につける

超在宅サボリーマンは「社畜の対極にある存在」です。そのため、まずは染み付いた「社畜根性」を捨て去る必要があります。

それには、次の3つのマインドセットをインストールします。

  • マジメな奴ほどバカを見る
  • 人生=時間は自分のもの
  • 選択権は自分にある

精神論かよ!と思うかもしれませんが、超重要です。

マジメな奴ほどバカを見る

日本企業ではいくら頑張っても給料は上がりません。

さらに残酷なことに、いくら頑張っても、サボっている人と給料は変わりません

「マジメに頑張っても金銭的には還元されない」のがサラリーマンです。マジメな奴ほどバカを見るとは、こういうことです。

人生=時間は自分のもの

重要なことですが、あなたの「人生=時間」であるということです。

「???」という人がいるかもしれません。では、「人生=命」ではどうでしょう?

命というのは「寿命」であり、それは「生きている時間」のことです。

つまり、「人生=時間」ということです。

自分の時間をどう使うか?が、イコール自分の人生をどう生きるか?ということです。

リクオ
リクオ

「自分の時間」をいつまでも会社のために使っていて良いのでしょうか?

選択権は自分にある

最後に、最も大事なことです。

人生で起こる選択について、「選択権はいつも自分にある」ということです。

満員電車に乗るのも、つまらない仕事を続けるのも、嫌な残業するのも全部自分が決めたことです。

一方で、その逆を選択する権利も持っているということです。満員電車に乗らない超在宅サボリーマンになるという選択をする権利は、誰もが持っています。

実はこのマインドセット、超重要です。次の記事でも詳しく解説していますので、ぜひ読んでみてください。

② 環境を作る

マインドセットをインストールしたあとは、働く環境を作ります。

  • 在宅勤務の仕事に就く
  • フレックスタイムの仕事に就く
  • 得意な仕事に就く

多くの人の場合、この環境を作るためには「転職」が必要になります。

「自分の職種だと、在宅勤務なんて無理だよー」という人もいるかもしれません。でも、最近だとパソコンを使う仕事であれば、ほぼ在宅勤務が可能になっています。

リクオ
リクオ

プログラマーやライターだけでなく、営業や事務なんかでも在宅勤務が可能です。

具体的にどうやって在宅勤務(リモートワーク)やフレックスタイムの仕事を探すのか?については、こちらの記事で詳細に解説をしています。

ちなみに、私は大手人材系企業でもう3年以上も働いていて、その知見を活かして転職初心者でもわかるように解説しているのでご安心を!

③ スキルを身につける

在宅勤務+フレックスタイムで働ける環境が整ったら、9割は完成です!

さらに、サボりスキルを高めるために、次のスキルを身につけるのがオススメです。

  • タスク管理スキル
  • 残業しないスキル
  • 時短スキル

ちまたでよく見るExcelショートカットやOutlook仕事術などの時短スキルだけでなく、タスク管理や「残業しない方法」も身につけると最強です。

これらのスキルを身につけることで生産性が高まり、仕事時間中に「副業や投資」に時間を使えるようになります。(もちろん、掃除・洗濯に時間をつかってもOKです)

ただ、長い間サラリーマンをやっているとサボることには大きな抵抗がありますよね。

なので、最初にマインドセットをインストールしておくことが大事なんですね。

超在宅サボリーマンを目指す人への注意事項

超在宅サボリーマンを目指すには、ほぼ転職が必須になります。

多くの人にとって、ハードルが高いことはよーくわかります。勇気もいるし、時間もかかります。

そして、なにより「めんどくさい」ですよね。

でも、人材業界に携わってきた経験から言うと、年齢が若いほうが転職は圧倒的に有利です。

残酷かもしれませんが「若さ」が大きなアドバンテージになるんです。

リクオ
リクオ

転職成功者の平均年齢は32歳です。(doda調べ)

ぶっちゃけ、多くの企業が欲しがる年齢は「30歳前後」です。さらに、年齢が上がれば上がるほど、実績を重視されるのでハードルはどんどん高くなります。

なので、もし超在宅サボリーマンを目指すなら早いほうがいいです。

それに、早いうちに満員電車から卒業できたほうが、人生は圧倒的に豊かになります。人生=時間ですから!

まとめ

まとめると、超在宅サボリーマンになるには、次の3つのアクションをやっていけばOKです!

  • マインドセットを身につける
  • 環境を作る
  • スキルを身につける

マインドセットはこの記事を読んでくださったので、問題なしです!(イマイチな人はぜひ読み返してみてください)

とすると、ネクストアクションは転職ですね!もちろん、転職と簡単に言ってもハードルが高いのはわかっています。

しかしやるべきことはシンプルで「在宅勤務+フレックスタイムの仕事」を探し、その中でも自分が得意そうな仕事を選ぶだけです。

「自分には無理だ」と最初は思うかもしれません。でも、超在宅サボリーマンになれば、もう満員電車に乗ることも、嫌な仕事に毎日8時間使うこともなくなります。

マジで人生変わります。ぜひチャレンジしてみてください!

タイトルとURLをコピーしました