【スマホで簡単】職務経歴書エディターの使い方【職務経歴書作成ツール】

転職活動の進め方
  • 職務経歴書ってどうやって作るの?
  • そもそも何を書いたらいいの?
  • 時短して簡単に作れる方法はある?

転職活動を進めたいけど、職務経歴書がネックですよね。。でも、実は転職で最も大事な書類が職務経歴書なんです。

というのも、いくら良い実績があっても、良い職務経歴書が作れないと書類選考にさえ通らないから。

なるほど、大事なのはわかった。でも、作るの難しそう・・・。という人にオススメしたい「スマホで簡単に職務経歴書を作る方法」をこの記事では紹介していきます!

ちなみに、私はこれまで転職経験3回、今は会員数500万人以上の転職メディアで3年ほど働いているので、転職にはけっこう詳しいです!

ちなみに、これから紹介するのは職務経歴書エディターというツールなのですが、これ、業界最大手のリクルートが作っています。なので、信頼性は抜群!これを使っとけば間違いないというツールです。

実際に私も使ったことがあり、普通に書類選考は通過してました。

ということで、職務経歴書エディターの詳しい使い方を解説していきます。

職務経歴書の作り方 5STEP

本題に入る前に、サラッと職務経歴書の作り方をおさらいしましょう。

次の5つのSTEPで作成していきます。

5つのSTEP
  1. 経歴の洗い出し
  2. 資格・スキルの洗い出し
  3. 強み・弱みの洗い出し
  4. 職務経歴書のフォーマットを選ぶ
  5. 職務経歴書を作成する

職務経歴書エディターを使うことで、上記の4・5を効率化することができます。

多くの転職初心者は、上記の4・5に気を取られて「本当に大事な1〜3」に注力できないパターンが多いんですよね。。

でも、職務経歴書エディターを使うことで、最も大事な1〜3に注力できるようになります。

職務経歴書エディター 3つの特徴

リクルートが作っている職務経歴書エディターには、次の3つの特徴があります。

  • スマホ・PCの両方で作成できる
  • 職種ごとのテンプレートが搭載されてる
  • Wordでもダウンロードできる

スマホで職務経歴書を作れるので、いちいちPCを開いて作業をする時間がない人には嬉しいですよね。

それから、転職初心者がおちいりやすい罠として、職務経歴書のテンプレート探しに時間を取られてしまうのですが、職種ごとにテンプレートが複数用意されているので、ここも安心です。

ということで、詳しい操作の仕方+作り方を見ていきましょう!

職務経歴書エディターの使い方

STEP 0:職務経歴書エディターにアクセスする

このURLから職務経歴書エディターにアクセスします。

すると、こんな画面が出てきます。

リクルートエージェントに「登録している人」は、上の青いボタンをタップ、
リクルートエージェントに「登録していない人」は、下の黄色いボタンをタップして進みましょう。

STEP 1:会社情報の入力

職務経歴書エディターは5つの項目で構成されています。

  • 会社情報
  • 職務詳細
  • 資格・語学
  • 職務要約
  • 自己PR

順番に内容と入力方法を解説していきますね。

まず、会社情報です。こんな画面になっています。

複数社の経験がある場合は、その分を追加していくことができます。

STEP 2:職務詳細の入力

経験してきた仕事の詳細を入力していきます。

職務経歴書エディターの便利な点として、職種ごとの入力テンプレートが用意されています。なので、いちいちテンプレートをネットで検索する必要はありません!

「職種からテンプレートを選択」をタップすると、いろんな職種からテンプレートを選べます。

そして、職種を選べばこんな感じに入力項目が自動で表示されます。

そしたら、その中身を入力していくだけです。

項目によってはこんな感じに入力例が用意されています。

「入力例から選択する」をタップすると、選択肢が表示されるので選ぶだけです。

いちいち自分で文字を入力する手間がないので、楽ちんですね!

STEP 3:資格・語学の入力

資格や語学も、自分が持っている資格を選ぶだけでOKです。

「リストから選択する」をタップすると、選択肢が表示されるので選ぶだけです。

STEP 4:職務要約の入力

職務要約も例文が用意されています。

このあたりは、そもそもどうやって職務内容を書けばいいかわからなかったりしますが、お手本を編集していくだけなので、簡単ですね。

「入力例から選択する」をタップすると、下記のような例文が表示されるので選ぶだけです。

こんな感じにセットされるので、自分の経歴に合わせて編集していけばOKです。

STEP 5:活かせる経験・自己PRの入力

こちらも同様に例文が用意されています。

「入力例から選択する」をタップすると、例文が表示されるので選ぶだけです。

こんな感じに例文がセットされるので、編集していきましょう。

職務経歴書のプレビュー・ダウンロード

入力が終わったら、プレビューしたりダウンロードしたりできます。

プレビューをするとこんな感じで確認できます。

ダウンロードはWord形式なので、ダウンロードしてから微修正を加えることも可能です。

サンプルとして、実際に「職務経歴書エディター」で作成した職務経歴書をダウンロードできるようにしておきました。実物を見てみたい人は、以下のリンクからどうぞ。無料です。

(ボタンをクリックするとWordファイルをダウンロードできます)

利用上の注意点

1つだけ注意点があります。

リクルートエージェントのIDを持っていないと「作った職務経歴書の保存」ができません。

なので、あわせてリクルートエージェントに登録してしまうのがオススメです!というのも、リクルートエージェントは「業界最大手のエージェントで求人数も一番多い」からです。

求人数は約45万件くらいで、リクナビNEXTの5〜6倍ほど。いくつかの転職サイトに登録するくらいなら、リクルートエージェント1つに登録するほうが効率的に転職活動できますよ!

無料で職務経歴書エディターが使えるリクルートエージェントに登録してみる!

もし、リクルートエージェントの使い方やメリット・デメリットなどが気になる方は、こちらのレビューも参考に!

職務経歴書を作ったあとの流れ

職務経歴書を作ったあとは、転職サービスに登録して企業への応募に進みます。

そうすると自動的に書類選考が始まって、通過すれば面接です。

ちなみに、コロナ禍では多くの企業がWeb面接を採用しています。そのため、会社に出向いて面接ということは、ほとんどありません。

リクオ
リクオ

今の時代、オフィスに呼びつけるような会社はおすすめできません!

転職活動の全体感がいまいちよくわからない・・・という人は、こちらの記事で転職活動の流れを解説していますので参考に!


ということで、職務経歴書エディターの使い方を解説してきました。

職務経歴書の作成は、転職活動の最初の難関です。

そこを突破するためにも、ぜひ職務経歴書エディターの活用がおすすめです!

いちいちテンプレートを探したり、Wordで作成したりする手間がなくなるので、めちゃくちゃスムーズに職務経歴書作成ができますよ。

ただ、作成した内容の保存はリクルートエージェントの会員登録が必要なので、そこだけ注意です!

リクルートエージェントへの無料登録はこちら


もし、登録してみようという方は、登録方法をこちらの記事で解説しているので参考にしてみて下さい。

他の転職エージェントとの違いをもっと知りたい方は、こちらの記事も御覧ください!

タイトルとURLをコピーしました