【警告!】リモートワークに”向いてない人”の特徴 5選【病む危険アリ】

自由に働く方法
転次郎
転次郎

リモートワークに向いてる人と向いてない人って、どういう特徴があるの?

快適そうなリモートワークですが、実は向き・不向きがあります。

合わない人にはとことん合わなくて、最悪の場合はメンタルを壊して休職に追い込まれてしまうことをご存知ですか?

ちなみに、私は2020年4月からリモートワークを開始して、現在も継続中です。2020年度は出社回数5回というほぼフルリモートワークです。

リクオ
リクオ

この記事では、リモートワークに向いてる人・向いてない人の特徴を解説するよ!

リモートワークは人生を変えるほどメリットが多い働き方ですが、注意しないと危険な働き方。

この記事を読んで、リモートワークが自分に合った働き方なのかチェックしてみて下さい!

リモートワークに”向いてない人”の特徴 5選

まず、リモートワークに向いてない人の特徴を5つ紹介します。

向いてない人特徴
  • 仕事に対して受け身
  • 寂しがり屋
  • ITが苦手
  • 相談が苦手
  • 調べるのが苦手

リモートワークはメリットが大きい反面、病む人は本当に病みます。休職するレベルに。

なので、もし次の特徴に当てはまったら、リモートワークするのは要注意!

仕事に対して受け身

オフィスだと周りの状況はすぐに分かりますが、リモートだとそうはいきません。

物理的な距離ができてしまうので、細かく管理されることは少なくなります。(良くいえば自由)

そのため、自分でなんらかアクションしないと放置されてしまいます。

こういう状況に対して、「誰も助けてくれない」と捉えてしまう場合は、リモートワークには向いていないかもです。

寂しがり屋

リモートワークは孤独です。

毎日誰かと話してないと寂しい。って人はリモートワークになると病む可能性大です。

チャット電話はできるものの、生身の人間と話すのとはやっぱり違います。

孤独は、人によっては相当なストレスです。

合わなそうな人は、無理してリモートワークをしないほうが良いかもしれません。

ITが苦手

リモートワークになると、基本オンライン上で仕事をすることになります。

これまで紙文化でやってきて、ITが苦手な人は苦労します。

TeamsやslackなどのチャットZoomだけでなく、情報共有のためのタスク管理ツールなどを導入している会社も多いです。

そういったツールに素早く順応する必要があります。

「わからないから使いません」だと全く仕事にならないので…。

相談が苦手

孤独になりがちだからこそ、自分から人に相談をするのが大事です。

なのですが、その相談が苦手だと孤独のループに突入します。

自分から積極的にコミュニケーションを取るのが苦手だな、と感じる人は、無理してリモートワークするのはおすすめしません。

調べるのが苦手

オフィスなら、わからないことは隣の人に聞けば解決できました。

でも、リモートワークだとそうはいきません。

自分で調べ、独力で解決しないといけない場面が多いです。

Googleで調べたりすればいいだけなんですが、調べるのが苦手って人にはリモートワークはつらいかもしれません。

リモートワークに”向いてる人”の特徴 5選

次に、リモートワークに向いてる人の特徴を5つ紹介します!

向いてる人の特徴
  • 自己管理ができる
  • 孤独に耐えられる
  • 主体性がある
  • 自由が好き
  • 仕事が好き

自己管理ができる

リモートワークになると、働く場所環境を自分で決めて管理することになります。

なので、自己管理ができる人にとっては、この上なく自由です!

机や椅子も自分で最適なものを選べます。

服装も自由だし、音楽聞こうがお菓子食べようが自由です。

オフィスよりも上司に管理されなくなるので、成果を出していれば何でも自由です。

孤独に耐えられる

リモートワークはとにかく孤独です。特に最初はキツい。一人暮らしだとなおさら。

でも、その孤独に耐えられる人はリモートワークの適性アリです

ただ、極度の寂しがり屋じゃなければ、慣れるので大丈夫です。

慣れてしまえば、話しかけられることもないので仕事の能率は上がりますよ!

主体性がある

リモートワークだと、顔が見えないので、誰が何をしているのかがわかりにくいです。

そのため、何もアクションしないと放置されることもあります。

そんなときにも主体的にアクションできる人は、リモートワークも楽しめる人です。

もしくは、放置されてるのをいいことに、副業でもしてやろう!と考える人にも、リモートワークはおすすめできます。

自由が好き

リモートワークはとにかく自由!もし、フレックスタイム制だともっと自由!

朝は何時に起きても良い。仕事さえ終わればOK。っていう世界です。

そういう自由な働き方に憧れがあって、そういう環境で自分も働きたい!っていう人にはリモートワークはフィットしますよ。

私もかなり自由に働いています。こちらで1日の流れを紹介してます。

仕事が好き

リモートワークはサボっていてもバレません。

なので、仕事が嫌いだと必要以上にサボる可能性があります。

でも、仕事が好きなら管理されてなくても、すすんで仕事を楽しめますよね!

仕事が好きで、自発的に仕事ができるならリモートワークはおすすめです。

リモートワークに向いている仕事 6選

エンジニアやデザイナーじゃないと、リモートワークできないのでは、と思ってませんか?

実は、意外にもパソコンを使う仕事ならリモートワークは可能です。

具体的には、こんな職業だとリモートワークができます。

  • ライター
  • デザイナー
  • 営業
  • 企画
  • ITエンジニア
  • 事務・管理

私自身も企画職でありながらフルリモートワークをしています。

周りでも、営業や事務などのバックオフィス系の人たちもリモートワークしています。

リモートワークのメリット・デメリット

1年以上リモートワークを続けていますが、たくさんのメリットがあります!

メリット
  • 通勤ストレスがない
  • 対人ストレスが減る
  • 服装・環境が自由
  • ゆっくり寝れる
  • 時間を有効活用できる

特に、通勤がなくなることが大きなメリットです。満員電車に乗ることは一切なくなりました。

通勤時間が浮いたので、その時間で運動や副業もできています。

一方、こういったデメリットもあります。

デメリット
  • メリハリがない
  • 人と話せない
  • 運動不足になりがち

特に、人と話せないので孤独耐性がないとメンタルがやられる可能性があります。

より詳しいメリット・デメリットはこちらで解説しています。

リモートワークの注意点

リモートワークはメリットが多いので、たくさんの人におすすめしたいです!

でも、実は万人にフィットする働き方ではありません。

先ほどのデメリットでも触れましたが、リモートワークは注意しないとメンタル不調になります。

私の周りでも、実際にメンタル不調になる人がいました。

メンタル不調の原因は孤独です。そして、孤独の原因は次の3つです。

  • 気軽に会話ができない
  • 周りの状況がわからない
  • 時間的な余白がない

特に、一人暮らしだと全く人と関わらないで1日が終わることもあります。

雑談を意識的にするなどの対策が取れれば良いのですが、そういったことが苦手な人は要注意です!


ということで、リモートワークに向いてる人と向いてない人の特徴を解説してきました。

向いてる人の特徴にマッチした人は、ぜひリモートワークを検討してみるのをおすすめします!

本当に自由で快適で、これまでのストレスから一気に解放されますよ。

リモートワークを実践していみたい!って人は、こちらの記事で具体的なやり方を解説しているので参考に!

タイトルとURLをコピーしました