【業界最大手】リクルートエージェントの求人の質を徹底検証した結果

おすすめ転職サービス
転次郎
転次郎

「リクルートエージェントの求人の質が悪い」って本当?

登録したエージェントが良い求人を持っているかどうか、が転職の成功確率を大きく左右します。

紹介された求人がどれもブラックだったら、転職がうまくいくはずないですよね。なので、使うエージェントが良い求人を持ってるかは本当に大事です。

ちなみに、この記事を書いている私はこれまで転職経験3回、今は会員数500万人以上の転職メディアの事業企画を3年ほどやっています。

リクオ
リクオ

この記事では、リクルートエージェントの求人の質を徹底解説するよ!

リクルートエージェントの求人の質は、ネットだと批判されることも多いです。

実際に数値を使って、求人の質が本当に悪いのかを検証します。

この検証結果をみて、リクルートエージェントを利用するか判断してもらえたらと思います。

【検証結果】リクルートエージェントの求人の質は悪いのか?

「リクルートエージェントの求人の質は悪い」はウソ【3つの理由】

結論から言うと、質は悪くないです。むしろ、かなり良質な求人が揃っているといえます。

質がいい3つの理由
  • 約46%の求人が年収700万以上
  • 約47%の求人が大企業
  • 約28%の求人が上場企業

約46%の求人が年収700万以上

リクルートエージェント全体の約46%に当たる約12万件年収700万以上の求人です。

一方、リクナビNEXTの方は約25%で1.2万件と少ないです。

  • リクルートエージェント:約12万件(全体の46%)
  • リクナビNEXT:約1.2万件(全体の24%)

ただ、年収の読み方は次の点に注意しましょう。

  • あくまで想定年収であること
  • 400〜1,000万円のような記載も含まれる
  • 特に成果報酬型の営業職は要注意

リクルートエージェントを使って年収アップをする方法をこちらで解説しています。

約46%の求人が大企業(従業員数1,000人以上)

リクルートエージェント全体の約47%に当たる約12万件従業員1,000名以上の求人です。

一方、リクナビNEXTの方は約22%で1万件と少ないです。

  • リクルートエージェント:約12万件(全体の47%)
  • リクナビNEXT:約1万件(全体の22%)

ほぼ半分が大企業ということで、比較的安定性の高い企業の求人が揃っています。

約28%の求人が上場企業

リクルートエージェント全体の約29%に当たる約7万件上場企業の求人です。

一方、リクナビNEXTの方は約17%で0.8万件と少ないです。

  • リクルートエージェント:約7万件(全体の29%)
  • リクナビNEXT:約0.8万件(全体の17%)

リクルートエージェントを使うメリット・デメリット

求人の質以外だと、求人数の多さシステム・ツールの使いやすさが、リクルートエージェントを使うメリットです。

メリット
  • 求人数が圧倒的にNo.1
  • 求人を自分で検索できる
  • 職務経歴書エディターが神

エージェントが塩対応っていうのは、「人による」というか、相性というのが正直なところです。

デメリット
  • 意外と塩対応
  • 逆に求人数が多すぎる
  • サポート期限あり

他社と比較しても、リクルートエージェントのシステム・ツールはかなり使いやすいです。

次の比較表を見ても、意外と他社はシステム面が弱かったりします。

(求人検索機能・支援ツールに注目!)


リクルートエージェント

doda(エージェント)

マイナビエージェント

エン エージェント
求人数約250,000件約85,000件約45,000件約17,000件
アプリ有無ありありなしあり
求人検索機能ありありなしなし
支援ツール職務経歴書エディターレジュメビルダーなしなし
面接対策ありありありあり
書類添削ありありありあり
作業代行面接日程調整
年収・退職交渉
面接日程調整
年収・退職交渉
面接日程調整
年収・退職交渉
面接日程調整
年収・退職交渉
利用料金無料無料無料無料
特徴業界最大の求人数。
アプリも使いやすい。
迷ったらここ!
転職サイトと
転職エージェントを
1つのアプリで使える。
幅広く求人がある。幅広く求人がある。

システム・ツールについては、意外と解説している人がいないので、深堀りします。

リクルートエージェントはシステムも使いやすい

「リクルートエージェントの求人の質は悪い」はウソ【3つの理由】

リクルートエージェントのシステム・ツールについて、特におすすめの2つを紹介します。

求人検索機能が充実している

転職エージェントを使うと、紹介された求人にしか応募できないと思いがちです。

でも、リクルートエージェントの場合はアプリ求人検索〜応募まで可能です。

実際のアプリの画面はこんな感じです。

「リクルートエージェントの求人の質は悪い」はウソ【3つの理由】
「リクルートエージェントの求人の質は悪い」はウソ【3つの理由】

全然良い求人を紹介してもらえない。。という場合でも、自分で好みの求人を探して応募できるので安心です。

職務経歴書エディターが便利すぎる

転職活動でめんどくさいことNo.1だと思う、職務経歴書の作成。

職務経歴書エディターを使えば、スマホで職務経歴書が作成できます。

いちいちPCを立ち上げて、Wordを開いて、過去の職務経歴を打ち込んでいくって作業はいりません。

画面はこんな感じ。決められた枠に情報を入力していくだけで、職務経歴書が完成します。

「リクルートエージェントの求人の質は悪い」はウソ【3つの理由】
「リクルートエージェントの求人の質は悪い」はウソ【3つの理由】

職務経歴エディターを使って職務経歴書を作る流れはこちらを参考に!出来上がった職務経歴書も公開しています。


と、こんな感じでリクルートエージェントは求人の質について解説してきました。

転職活動では、リクナビNEXTマイナビ転職みたいな転職サイトを使いがちです。

でも、求人の質サービスの質も転職エージェントのほうが上です。

忙しくて最短で転職活動を成功させたい人は、転職エージェントの利用をおすすめします。

もし、リクルートエージェントに登録してみようかな?という人は、こちらで登録方法や登録後の流れを詳しく解説しています。

タイトルとURLをコピーしました