【軸ずらし転職】リクルートエージェントで年収アップする方法

おすすめ転職サービス
転次郎
転次郎

今の仕事内容と給料が釣り合ってないから、転職して年収アップしたい!

実は、転職で年収アップするには抑えておくべき大前提と、2つのコツがあります。

転職活動している多くの人が知らない内容です。なので、それを知ってるだけで他の人より年収アップがしやすくなります。

ちなみに、私はこれまで転職経験3回、今は会員数500万人以上の転職メディアの事業企画を3年ほどやっていて、転職のたびに100万くらいずつ年収アップを実現しました。

リクオ
リクオ

この記事では、軸ずらし転職と年収アップのコツを解説するよ。

これから紹介する年収アップの大前提と2つのコツは、どれも無料で実践できます。

知ってるか知らないかで大きな差が付きます。ぜひ、コツをつかんで年収アップを狙ってみてください!

年収アップの大前提!軸ずらし転職とは?

世の中には年収が高い業界や職種が存在します。

転職で年収アップを狙う場合は、高年収の業界・職種を狙うことが大前提です。

自分が働いている業界や、自分の職種をずらして転職することを「軸ずらし転職」と呼んだりします。

(motoさんの本でも有名ですよね!)

この軸ずらし転職を狙っていくのが、年収アップするための求人選びには大事です。

2つの具体例で詳しく解説していきます。

年収が高い業界を狙う

職種は変えずに、業界を変えるパターンです。

例えば、SEとして転職して年収を上げたいとします。

その時、同じSEでも次のように業界が違うと年収も異なります。

  • 食品小売業界のSE
  • 金融業界のSE

年収が異なる要素としては、次のようなものがあります。

  • SEに価値をどれだけ置いてるか?
  • そもそも利益が出ている業界か?

SEに価値が置かれてれば年収は高いですし、そもそも利益が出てる業界なら年収も高くなります。

SEとしてキャリアを積んでいきたい場合は、平均年収の高い業界にシフトするほうが年収アップできます。

どの業界の平均年収が高いのか?についてはこちらも参考に!

ちなみに、TOP3はこんな感じです。

業界別年収ランキング TOP3
  1. 投信/投資顧問 673万円
  2. たばこ 641万円
  3. 医薬品メーカー 629万円

年収が高い職種を狙う

業界は変えずに、職種を変えるパターンです。

どちらかというと、このパターンのほうが難易度は高めです。

例えば、アパレル業界での転職で年収を上げたいとします。

その時に、同じアパレル業界でも職種が違うと年収が異なります。

  • アパレル業界の営業
  • アパレル業界の企画

多くの場合は、企画職のほうが年収が高いです。

なぜなら、企画職のほうが専門性が高く、人数も少なく、少数精鋭。つまり希少価値が高いためです。

同じ業界内で年収アップを狙う場合は、スキルアップして希少価値の高い職種を狙いましょう。

どの職種の平均年収が高いのか?についてはこちらも参考に!

ちなみに、TOP3はこんな感じ。

職種別年収ランキング TOP3
  1. 投資銀行業務 819万円
  2. 運用(ファンドマネジャー/ディーラー) 748万円
  3. 戦略/経営コンサルタント 724万円

業種・職種以外にも、時給やホワイト企業など30種類のランキングはこちらの記事で紹介しているので参考に!

年収アップを実現する方法 2つのコツ

転職で年収アップを実現するためには、次の2つのコツがあります。

  • エージェントに年収交渉をしてもらう
  • 年収帯が高い求人があるサービスを使う

年収交渉という言葉は聞いたことがあると思います。

転職先の企業との年収を交渉するということなんですが、これはエージェントを通してやってもらうのがポイントです。

相場を知っているエージェントに交渉してもらうことで、説得力のある交渉ができます。

それから、そもそも高年収が見込める求人がたくさんある転職サービスを使うことも大切です。

年収低めの求人しかないサービスを使ってたら、そもそも年収アップのスタートラインにすら立てません。

そこで、オススメなのがリクルートエージェントなのですが、なぜ年収アップが実現可能なのか?について詳しく解説します。

リクルートエージェントで年収アップができる理由

【年収700万が4割】リクルートエージェントで年収アップできる理由
年収アップが見込める理由
  • 高年収の求人数が多い
  • 年収交渉をサポートしてくれる

高年収の求人数が多い

リクルートエージェントは高年収の求人が多いです。

同じリクルートのサービスであるリクナビNEXTと比べてみると、10倍の差があります。

  • リクルートエージェント:約13万件
  • リクナビNEXT:約1.2万件

リクルートエージェント全体で約25万の求人数ですが、その45.6%年収700万円以上の求人です。

年収アップを狙いたいのに、高年収の求人がなかったら何も始まりません。

まずは、高年収求人が多いサービスを選ぶことが重要です。

年収交渉をサポートしてくれる

「希望年収はいくらですか?」

こう質問されて、強気に答えられる人はそう多くないと思います。

だいたい、無難な数値お任せしますみたいに回答しちゃいますよね。

転職エージェントはこういった年収交渉のサポートをしてくれます。

面接後にエージェントと通じて、希望年収を伝えることもできます。

面接以外の場を使って、エージェントを通じて年収交渉ができるのが、転職エージェントを使うメリットです。

お金の話は苦手・・・という人は、転職エージェントを使うことで年収アップが期待できます。


ということで、リクルートエージェントで年収アップが狙える理由を解説してきました。

年収アップを狙うなら、まずは高年収帯の求人があることが大前提です。

その上で、年収が高い業界・職種の求人を選んで応募です。

その時は、必ず年収交渉をサポートしてくれるエージェントサービスを使いましょう。

リクルートエージェントのもっと詳しいレビューはこちらも参考に!

タイトルとURLをコピーしました