【スマホで簡単】リクルートエージェントの登録方法【5分で完了】

おすすめ転職サービス
  • リクルートエージェントの登録方法がわからない・・・
  • 登録したら、どんな流れで進んでいくの?
  • 登録したら転職を急かされないか心配・・・

初めての転職だと、転職エージェントへの登録にとまどうのは当然です。

でも、いつかは意を決して登録しないと現実は変わりません。

とはいえ、いきなり登録しなくても大丈夫。まずは登録の流れを知り、一歩前進してみませんか?

ちなみに、私はこれまでに転職を3回経験し、今は会員数500万人以上の転職メディアで働いています。

リクオ
リクオ

この記事では、登録に必要な3つの手順と、登録後の流れを説明していくよ!

画像つきで解説してるので、登録手順登録後の流れがイメージできますよ!

転職活動の全体感をイメージして、現実を変えるための一歩を踏み出していきましょう。

スマホで5分!リクルートエージェントの登録方法

リクルートエージェントには、次の3つのステップで登録していきます。(所要時間:5分

もちろん、スマホで登録可能ですよ!

登録の流れ
  • STEP 1
    登録ページヘのアクセス

  • STEP 2
    登録内容の入力(スマホOK)

  • STEP 3
    面談の設定

STEP1:登録ページにアクセスしよう

まずは、次のリクルートエージェントの登録ページにアクセスしましょう!

業界最大!約25万件以上の求人数を無料で見てみる!

STEP2:登録情報を入力していこう

項目は約20個とボリュームは多いですが、選んでいくだけなので簡単です。

希望転職時期の設定

メールアドレスを設定すると、そのアドレス宛にメールが送られてきます。

メールアドレスの設定

続きの入力はそのメールアドレスに書いてあるURLからやっていきます。

最後の方に出てくる職務経歴の入力項目は後から入力できるので、飛ばしてOKです。

職務経歴の設定
職務経歴など

(職務経歴書の作り方は、記事の後半で解説します)

STEP3:面談予約をしよう

最後にエージェントとの面談の予約画面が出てくるので、予定がわかれば予約しましょう。

電話オンラインから選びます。コロナなので対面はありません。

面談予約1

次は、面談日時の設定です。

空いてる時間に○が表示されてるので、自分の予定に合わせて○をタップすればOKです。

面談は、後からでも申し込めます。

なので、予定がわからない場合は後回しでもOKです。

面談予約日程調整

希望の○をタップすると確認画面が出てきます。間違いなければ確定をタップすればOKです。

登録までの手順はたったこれだけです。

もし、登録してみよう!と思った方はこちらから登録できます。

リクルートエージェントへの無料登録はこちら

リクルートエージェントへ登録した後の流れ

はじめての転職だと、エージェントに登録した後の流れがわからなくて不安ですよね。

ということで、リクルートエージェントに登録した後の流れを解説していきます。

アプリのダウンロード

まず、事前準備としてアプリをダウンロードしましょう。

リクルートエージェントの場合は、アプリが優秀です。

アプリから求人を探したり応募したりできます。

なので、まずは次のリンクからアプリをダウンロードしてみましょう。

こんな感じにアプリがダウンロードされます。

リクルートエージェントのアプリアイコン

アプリへログインしよう

リクルートエージェントへの登録が終わると、自分のメールアドレス宛にこんなメールが送られてきています。

黄色で囲ったURLをタップしてパスワードの設定をしましょう。

パスワード再設定

パスワード設定ができたら、登録したメールアドレスパスワードでアプリにログインできます。

アプリはこんな感じです。

リクルートエージェントアプリのトップ画面

履歴書・職務経歴書の提出

アプリをダウンロードしたら、次の書類を提出しましょう。

  • 履歴書(キャリアシート)
  • 職務経歴書

ちなみに、どちらもスマホだけで作成〜提出までできます。

キャリアシートの登録

リクルートエージェントでは履歴書のことを「キャリアシート」と呼びます。

内容はこんな感じです。

登録する内容
  • プロフィール(住所・連絡先など)
  • 学歴・語学・資格
  • 職務経歴概要(経験社数やザックリとした職務内容)
  • 写真

登録するにはアプリメニューの書類作成をタップ。

その中のキャリアシート→新規作成をタップすると作成画面に進めます。

作成画面はこんな感じです。枠に値を入力していけば完了です。

最後に顔写真の登録もあります。

アプリからアップロードできるので、スマホで撮った画像でOKです。

職務経歴書の作成・提出

職務経歴書は2種類の方法で提出できます。

  • フリーフォーマットで作成・提出
  • 職務経歴書エディターで作成・提出

転職がはじめての人は職務経歴書エディターを使うのがおすすめです!

リクルートが提供してくれてるオフィシャルなツールなので、我流でいくより失敗はないです。

オススメな理由
  • スマホで作成〜提出までできる(パソコンからも利用可)
  • 用意されたフォーマットに従って入力すればOK
  • 項目の抜け漏れがない
  • Wordでダウンロードもできる

詳しい使い方はこちらでも解説しています。

ちなみに、画面はこんな感じです。

エージェントとの面談

はじめて転職エージェントを使うときは、エージェントとの面談って不安ですよね。

でも、面接とは違うのでリラックスして望めば問題ないです!

面談の概要はこんな感じです。

  • 面談方法:電話かZoom
  • 面談時間:1時間程度

面談の流れはこんな感じです。転職理由とかもヒアリングされますが、上手く答えられなくても大丈夫!

面談の流れ
  • 転職理由の確認
  • 職務経歴の確認
  • 希望条件の確認
  • 登録情報の確認

面談の詳しい流れはこちらでも解説しています。

それから、できればキャリアシート職務経歴書の提出は終わらせておきましょう。

そうすることで、より自分に合った求人を紹介してもらいやすくなります。

中には上手く自分の希望を伝えられなかったらどうしよう・・・って心配な人もいるかもですが、大丈夫です。

伝え漏れたことや、希望が変わったらその都度エージェントに連絡すれば、対応してもらえますよ。

求人紹介+検索

自分にあった求人が紹介されなかったらどうしよう・・・

はじめて転職エージェントを使う場合だと、どんな求人が紹介されるか不安ですよね。

でも、大丈夫!

紹介された求人以外にも、自分で求人を検索して応募できます。

ということで、紹介された求人の確認方法求人検索の方法を解説していきます。

紹介された求人の確認

次の条件にマッチした求人が、毎日アプリに届きます。

  • 面談のときに伝えた条件
  • 自分で設定した条件
求人紹介画面

メールでも同じように届きます。(内容はアプリと一緒)

求人票の内容確認

求人票の内容はこんな感じになってます。

  • 募集要項
  • 勤務地
  • 勤務条件
  • 制度福利厚生
  • 選考内容
  • 企業情報

求人を検索しよう

全然良い求人が紹介されない・・・

ってときは、自分で求人を検索することもできます。

検索条件を保存することで、条件に合致した求人が新しく出たら通知が来るようにもできます。

求人検索画面

求人への応募

応募はアプリから応募するボタンを押すだけで完了です。

履歴書や職務経歴書の提出を別途する必要はありません。

応募するボタンを押した後は自動的に書類選考に進んでいきます。

応募画面
応募画面2

面接日程の調整

書類選考に通過すると面接の日程調整をします。

転職エージェントを使うと、日程調整を代行できます。

これも、こんな感じにアプリからできます。企業から指定された日時の中から選ぶだけ。

企業と直接的なやりとりは一切しなくてOKです。

ちなみに、面接日程の案内と同時に、面接のアドバイスも届きます。

こういった情報は転職エージェントを使ってないと得られないものです。

企業との面接

面接のやり方は日程調整のときに案内された方法で実施します。

だいたい今ならZoomなどのWEB会議ツールを使って行われることがほとんどです。

日程調整案内にZoom等のURLとパスワードが記載されてるので、当日はそこから入室します。

リクルートエージェントを使った場合、面接後には必ずこんなアンケートがきます。

面接後のアンケートメール

もし、面接後に次のようなことがあったら、エージェント経由で企業に伝えてもらえます。

  • 伝え忘れがあった
  • 辞退したい
  • 希望年収を上手く伝えられなかった
  • 残業時間を聞けなかった

ということで、リクルートエージェントへの登録方法と、登録後の転職活動の進め方を解説してきました。

改めて、リクルートエージェントの特徴オススメな人をまとめますね。

特徴
  • 求人数が業界No.1の約25万件
  • 全体の約46%年収700万円以上の求人
  • 全体の約46%大企業の求人
オススメな人
  • 年収アップも狙っていきたい人
  • キャリアアップも狙っていきたい人
  • 時短して楽して転職活動をしたい人

もし、迷っているならリクルートエージェントに登録しておけば、間違いないです。

リクルートエージェントへの無料登録はこちら


P.S.
人材業界で働いている私も、自分で使うならリクルートエージェントを使います。

タイトルとURLをコピーしました