【転職活動がめんどくさい人へ】とことん楽な頑張らない転職法 3選

転職活動の進め方
転次郎
転次郎

今の仕事が嫌で早く辞めたい!でも、転職活動がめんどくさくて、まだ職務経歴書もできてない。

これまでの転職活動は、本当に手間がかかりました。

でも、今の時代は楽して転職活動を進める方法がたくさんあるのをご存知ですか?

この記事を書いている私はこれまで転職経験3回、今は会員数500万人以上の転職メディアで3年ほど働いている転職のプロです。

リクオ
リクオ

この記事では、人材業界での経験をもとに「頑張らない転職法」を紹介するよ。

転職活動には、職務経歴書作成求人の検索などめんどくさいことがたくさんあります。

でも、それらを劇的に楽にするためのツールやサービスをこれから紹介します。

使えるものは使って、楽して現状を変えていきましょう!

転職活動がめんどくさい人のための【頑張らない転職法】

頑張らない転職法のテクニックは次の3つです。

頑張らない転職法
  • 職務経歴書は楽して作成
  • 応募しない転職活動
  • マッチングアプリ的転職活動

めんどくさい職務経歴書は楽して作成

転職活動を始めて最初にめんどくさいと思うのが、職務経歴書ですよね。

過去のことを思い出すのもめんどくさいし、それを書類にまとめるのもめんどくさい。

経歴を棚卸しして、職務経歴書をWordで作る。そんなイメージがあると思いますが、それ古いです。

今はそんなことしなくても、職務経歴書は作れます。

職務経歴書エディターを使ってみてください!

人材業界最大手のリクルートが無料で出してるツールです。

コレを使えば、職務経歴書のテンプレを探して、Wordを開いて書類を作る必要はありません。

職務経歴書に必要な項目は、職務経歴書エディターに最初から用意されてます。

こんな感じに。

なので、項目を埋めてくだけです。

書き方を考えるのもめんどくさいという人には、私が職務経歴書エディターで作成した職務経歴書もお見せします。

こちらの記事で公開しているので、参考に!

応募しない転職活動

転職サイトで求人探して応募するのもめんどくさいですよね。

だから、それやめましょう!

じゃあ、どうやって転職活動進めるの?って思うかもしれませんが大丈夫です。

企業の方から連絡してくるのを待ちましょう。

ここで使うのは、ビズリーチです。CMで聞いたことありますよね。

これに登録しておけば、企業の方が職務経歴書をみてメールをくれます。

職務経歴書は先程の職務経歴書エディターで作ればOK。

それを登録しておいて、後は待つだけです。楽チンですよね!

マッチングアプリ的転職活動

さすがに待つだけはちょっと不安・・・という人は、マッチングアプリ的な転職活動がオススメです。

マッチングアプリみたいに、気になる企業そうでない企業をスワイプしていくだけ。

ここで使うのは、キャリトレです。

登録したらアプリにオススメの企業が出てきます。それをスワイプで仕分けるだけ。

お互いにマッチングしたらやり取りできます。

まさに、マッチングアプリ。転職サイトで探すよりも、楽チンですよね!

転職後にストレスフリーになる方法

頑張らない転職法を紹介してきました。

でも、どうせなら転職後もそんなに頑張らないで働きたいですよね。

仕事のストレスは、通勤・人間関係・仕事内容がほとんどです。

そのうちの、通勤と人間関係のストレスを最小化する仕事の探し方があります。

その条件は次の2つです。

2つの条件
  • リモートワーク(在宅勤務)
  • フレックスタイム制

実は、私はその両方を満たした環境で働いています。そんな私の1日はざっくりこんな感じ。

  • 朝は目覚ましをかけずに起きる
  • コーヒーを飲んで散歩に出かける
  • 軽めの朝食を食べ、ゆるい服に着替える
  • 時間になったら好きな音楽をかけて仕事を始める
  • 昼ごはんはYouTube見ながら
  • 定時になった30分後には晩ごはん

正直、めちゃくちゃストレスフリーです。

なので、転職後もなるべく頑張らずストレスフリーにいきたい!って人は、ぜひリモートワーク+フレックスタイムの仕事を選んでみてください。

現職に残ることも再検討する

なかなか転職へのモチベーションがわかないなら、現職に残ることを再検討するのもアリです。

現状もつらいかもしれませんが、転職すると実は想像以上にストレスがかかります。

リモートワークやフレックスでの働き方は確かに楽ですが、転職直後にはこんなハードルが待っています。

  • 人間関係の構築
  • 業務を覚える
  • システムを覚える
  • お作法を覚える
  • 成果を出す

もし、いまピンとくる求人がなければ、次の5つの観点で現状をチェックしてみるのがおすすめです。

  • 仕事がラク
  • 人間関係が良好
  • 給料が悪くない
  • 成果を出している
  • やりたいことが不明確

どれかに当てはまったら、現状に残ってもいいかもしれません。

現職に残ったほうがいいパターンについては、こちらで詳しく解説しています。


ということで、転職活動がめんどくさい人向けに頑張らない転職法を紹介してきました。

今の時代は転職サービスも充実しているので、かなり楽して転職活動ができます。

受け身でも企業の方からオファーが来ます。

ちょっとだけ時間はかかるかもしれませんが、頑張らない転職法をぜひ実践してみてください。

頑張らない転職法

それから、どうせならストレスフリーに働くほうがいいと思うので、こちらも参考に仕事選びをしてみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました