知ってる人だけ得をする!リクルートエージェント・リクナビNEXTの違い 5選

リクルートエージェントとリクナビネクストの3つの違いおすすめ転職サービス
転次郎
転次郎

リクルートエージェントとリクナビNEXTって、なにが違うの??

実は、リクルートエージェントとリクナビNEXTって似てるようで全然違うサービスなんです。

何が違うかって、転職の成功率です。

似たサービスのようですが、リクルートエージェントとリクナビNEXTを使った人では結果に大きな差が出ます。

ちなみに、私はこれまで転職経験3回、今は会員数500万人以上の転職メディアの事業企画を3年ほどやっています。過去にリクルートエージェントとリクナビNEXTを使った経験もあります。

リクオ
リクオ

この記事では、リクルートエージェントとリクナビNEXTの違いを解説していくよ!

転職初心者だと、両者の違いを知ってる人はあまりいません。

ということは、この違いを知っているだけで他の人よりも有利に転職活動を進めることができます。

転職は人生の大事なイベントです。

あとになって後悔しないように、ぜひ違いを理解してからスタートしましょう!

リクルートエージェントとリクナビNEXTの5つの違い

リクルートエージェントとリクナビネクストの3つの違い

リクルートエージェントとリクナビNEXTでは、次の5つの違いがあります。

  1. 求人の数
  2. 求人の質
  3. 転職支援ツール
  4. 面接対策・書類添削
  5. 作業代行(日程調整など)

比較するとこんな感じです。


リクルートエージェント

リクナビNEXT
求人数約250,000件約50,000件
求人の質高品質低品質
サービス種別転職エージェント転職サイト
アプリ有無ありあり
求人検索機能ありあり
支援ツール職務経歴書エディターなし
面接対策・
書類添削
ありなし
作業代行面接日程調整
年収・退職交渉
なし
利用料金無料無料
特徴業界最大の求人数。
アプリも使いやすい。
迷ったらここ!
転職サイトの中でも
高年収求人が多い。

比較の結果、圧倒的にリクルートエージェントがおすすめなんですが、その理由をこれから詳しく解説していきます。

転職活動がはじめてで、先に転職活動の全体像を知りたい人はこちら

求人の数が違う

リクルートエージェントとリクナビNEXTの求人数はおよそ5倍の差があります。

  • リクルートエージェント:約25万
  • リクナビNEXT:約5万

リクルートエージェントの約25万という求人数は業界No.1です。

どの転職サイト・転職エージェントよりもたくさんの求人を保有しています。

(これは裏事情ですが、マイナビやdodaに求人を出している企業は、だいたいリクルートにも出しています)

なので、リクルート系のサービスに登録しておけば漏れはないです。大は小を兼ねるって感じです。

実際に検索したい人はこちら
  • リクルートエージェントの求人検索はこちら
  • リクナビNEXTの求人検索はこちら

求人の質が違う

「求人に質なんてあるの?」って思うかもしれません。

でも、実際に人材業界で3年働いてみて、求人には明らかに「質」が存在します。

質を判断するポイントは次の通りです。

ポイント!
  • 高い給料の求人がある
  • 大企業などの有名企業の求人がある
  • 企画など人気職種の求人がある
  • 管理職の求人がある

実は、こういう良い求人はリクナビNEXTなどの転職サイトにはあまり出てきません。

というのも、求人を出す法人のニーズが違うからなんです。

法人ニーズの比較

転職エージェント
  • ピンポイントで採用したい
  • 少数精鋭募集
  • ハイスペック傾向
転職サイト
  • 大量にがさっと採用したい
  • 大人数一括募集
  • ロースペック傾向

実際にどれくらい数が違うのかを比較してみました。

まず、年収700万以上の求人数を比較しました。

年収700万以上の求人
  • リクルートエージェント:全体の約46%
  • リクナビNEXT:全体の約24%

次に、大企業の求人数です。

大企業の求人
  • リクルートエージェント:全体の約47%
  • リクナビNEXT:全体の約21%

どちらにしても、リクルートエージェントの方が数が多いです。

そのため、リクルートエージェントのほうが質が高いと判断しています。

使える転職支援ツールが違う

リクルートエージェントからは、職務経歴書エディターというツールが提供されています。

職務経歴書の作成は、転職活動を始めた人が最初につまづくポイントです。

特に、こんな悩みを持つ人が多いです。

  • 書くためのテンプレートがわからない
  • どんな内容を書いたら良いかわからない
  • Wordでの作成がめんどくさい

そんな悩みを解決するのが、職務経歴書エディターです。

こんな特徴があって、先ほどの悩みはほぼ解決できます。

  • スマホ・PCの両方で作成できる
  • 職種ごとのテンプレートが搭載されてる
  • Wordでもダウンロードできる

特に、職種ごとのテンプレートを探す手間や、パソコンを立ち上げて作成する手間がなくなるのは、大きなメリットです。

詳しい使い方や、職務経歴書エディターで作った実物の職務経歴書こちらの記事で紹介してますので参考に!

面接対策・書類添削などのサポートが違う

リクルートエージェントであれば、面接対策や書類添削のサポートも受けられます。

ただ、リクルートエージェントを使ったら全員こういったサポートを受けられるのかというと、そうではありません。

担当のエージェントに依頼すれば対応してもらえるという感じです。

なので、待っているだけじゃサポートは受けられないので、そこは注意が必要です。

調整+交渉してくれることが違う

リクルートエージェントを使うと、調整や交渉を代行してくれます。

これはエージェントサービスの特徴で、リクナビNEXTではこれらのサービスは受けられません。

代行してくれること
  • 日程調整
  • 給与交渉
  • 退職交渉

転職活動って意外とハードです。時間がない中でやりくりして、進めていかなきゃいけないので。

ちなみに、転職活動で本当に時間をかけるべきは、企業研究や面接対策です。

なので、日程調整や交渉ごとに時間を使うのはもったいない。

代行できるものは代行して、限られた時間を有効活用することが大切です。

迷ったらリクルートエージェントがおすすめ!

リクルートエージェントとリクナビネクストの3つの違い

求人の数・質、支援ツールやサポート面の差から、リクルートエージェントのほうが圧倒的におすすめです!

おすすめポイント
  • 求人数が業界No.1(25万件)
  • 求人の質が高い
  • 日程調整+交渉を代行してくれる

もしかすると、「エージェントが変な案件ばっかり紹介してくるのでは?」とか、「エージェントに転職急かされそう・・」とか、心配があるかもしれません。

でも、リクルートエージェントだと自分で求人検索もできるので、変な求人を紹介されても自分で他の求人を探せます。

それから、リクルートエージェントの担当者は意外とドライな人が多く、転職を急かされるとかはないので安心して下さい!

リクルートエージェントへの無料登録はこちら

初心者向け!転職活動の全体の流れ

ここまで、リクルートエージェントとリクナビNEXTの違いを解説してきました。

さらに、転職サービスに登録したあとの流れも知っておくと、効率的に転職活動を進められます。

転職活動はこんな流れで進みます。

全体の流れ 10STEP
  • STEP 1
    転職のイメージを変える
  • STEP 2
    求人を眺める
  • STEP 3
    職務経歴書をざっくり作る
  • STEP 4
    転職サービスに登録する
  • STEP 5
    求人を探す
  • STEP 6
    応募する
  • STEP 7
    面接する
  • STEP 8
    内定
  • STEP 9
    引き継ぎ・有給消化
  • STEP 10
    退職・入社

さらに詳しい転職活動の進め方はこちらで解説しています。

特に、最初の関門になるのは、職務経歴書の作成です。もちろん、履歴書とは別の書類です。

もちろん、今どき手書きはしませんし、Wordも必要ありません。

おすすめは職務経歴書エディターを使った作成です。

パソコンがなくても、スマホで職務経歴書を作れるすぐれものです。職務経歴書のテンプレートを探してる人や、時間がない人にもおすすめです。

職務経歴書を作れたら、あとは応募して面接です。

応募する企業を探すときは、間違ってもブラック企業を選ばないように注意です!

こちらで、ホワイト企業を見極める方法を詳しく解説してるので、参考に!


ということで、リクルートエージェントとリクナビNEXTの5つの違いについて解説してきました。

オススメはリクルートエージェントなのですが、心配な方はこちらデメリットも含めて徹底レビューをしてるので、参考にしてみてください。

もし、リクルートエージェントに登録してみたいとか、登録したらどういう風に転職活動がすすんでいくのか知りたいなーって方はこちらで解説しています。

タイトルとURLをコピーしました